71cohRLKghL._AC_SY879_

「マルコと銀河竜」

2020,2, 28 / Win / ノベル / TOKYOTOON


【あらすじ】
steamにある本作の「このゲームについて」が非常によくできており、そちらを見ていただければ幸いです。
画像を転載しようとしたのだけれど、たぶん禁止だろうなぁ(調べるのめんどい)ということで。


【感想】
TOKYOTOONというブランドは、本作が初作品となります。
ただ、スタッフがアダルトゲームブランド、HARUKAZEのメンツとなっています。
ちなみに本作は一般作です。

さて、HARUKAZEメンバーの一般作で、
HPを見るとなにやらすごそうな雰囲気が出ており、
発売前は結構話題になっていたと思います。
実際私も注目していた作品でした。
事前情報ではカートゥーンな作風・豊富なアニメーションと、
いったいどんな作品に仕上げるんだろうか?と期待していました。

まず結論からなのですが、本作を是か非で答えよといわれたら、
私は「どちらかと言えば非」と答えるでしょう()
プレイ後にはちょい否定的な感想でも書こうかと思ったのですが、
巷の評価もけっこう微妙じゃないですか。
そんなわけで今回は好意的に評価する記事にしようかと思います。



でもおま値はクソだと思うよ。新品で買って後悔したぞ。



さて、本作の特長はカートゥーンアニメになるのでしょう。
今までのノベルゲームでアニメシーンが使われている作品は多数存在しますが、
カートゥーンアニメが使われたノベルゲームはあまりないんじゃないのでしょうか。
カートゥーンのADVは存在しますが。
そういう意味では本作はユニークな作品だといえるでしょう。


ゲームジャンルはノベルタイプのADV。
基本的に読み進めるだけで選択肢はの場面は1つ、
この選択肢はストーリーの分岐に影響しないので、実質一本道のストーリー構成です。
途中でアニメパートとゲームパートが存在します。
ゲームパートは早押しバトルとシューティングがあります。
早押しは星のカービィ スーパーデラックス(SFC)内のミニゲーム「刹那の見切り」ですね。
シューティングもなにかのパロディなのでしょうか?分かりませんでした。
私は基本的にノベルゲームに関してゲーム的な要素やデジタル的な要素を入れてほしいと思っています。
そういう意味ではアニメパートもゲームパートも悪くはないと思っています。
ただ、プレイしていて違和感があるんですよね。
なんでここをゲームパートにしたのに、ここはアニメーションで済ましているのだろう?
という疑問を抱きました。
つまりどういうことかって、
クリエイターたちから制作に対する姿勢の一貫性を感じ取れなかったんですよね。
某らぼさんのほうに本作のクリエイターたちへの取材記事がありますが、
まぁ正直読む価値がないです。
てかノベルゲーで恋愛要素ないのが攻めてるとかそういうこと言われる時代なんだなぁ。。。
ってかノベルゲー(別にエロゲでもいいんだが)恋愛至上(市場)になってもう何十年だよって感じっすね・・・
CGも削ったとかいうけどこれ必要か??????????
ってCGたくさんありましたしね。



ストーリージャンルは家族愛だとか友情あたりになるのでしょうか。
プロットだけ見ると結構好みのお話というか、
アルコみたいなキャラクターに非常に弱いのですよ、私。
普段はあんなにちっこくてぱたぱたしてるのに実際はクソデカ最恐孤独竜とかいう設定に負けます。
本作におけるマルコとアルコの関係性(ないしストーリー)は
素直に良かったかなと思います。
ただ、HARUKAZE作品を全部プレイしている、或いははと氏の同人時代の作品をプレイしていたら、既視感が強いんじゃないかなと思います。
私は商業時代の作品しかプレイしていないのですが、
話の内容とか、キャラ造形とか、なーんか既視感だらけで新規性を感じることができませんでした。
あと本作はパロネタが多いね。スクライドは笑っちゃいました。
あと本作はボリュームが少ないです。プレイ時間は6~8時間くらいですかね。


というわけで個人的にはちょい微妙だなという感じだったのですが、
プレイしていてふと思ったわけですよ。

本作ははと氏のエスプレッソ的な作品なんだろうなと。

読む価値のないインタビュー記事で、
はと氏が「文章のテンポを凝縮して詰めて詰めて━━(以下略」
とか「絵で情報量を増やして文章を少なく伝える」とか言ってますし、
はと氏の魅力を最大濃度で抽出した作品が本作なのです。


ただ、はと氏の作品って日常の掛け合いが面白いと、
個人的には思っているわけでして。
はと氏の作品はエスプレッソよりもドリップコーヒーのほうが楽しめるんじゃないかなと思うわけでして。
氏の魅力と本作のコンセプトはミスマッチに思いました。
だからプレイしていて微妙に感じる。


まぁこんな感じですかね。
まぁ短いしプレイして損はない作品だと思いますが、
いままではと氏の作品をプレイしてきた人はやらなくてもいいと思います。
逆に、はと氏の作品が気になってたけど、
プレイしてこなかった人はちょうど良いかもしれませんね。
最後に、OP曲は良かった。