c1062475package
「喫茶ステラと死神の蝶」

2019,12, 20 / Win / ノベル / ゆずソフト




【あらすじ】
主人公、高嶺昂晴は何気ない学生生活を送っていた。
だがある日、不慮の事故で命を落としてしまう。
そこで予期せぬことが起きた。
死んだはずだった高嶺昂晴が、目を覚ましたのだ。

しかもそれは――死ぬ当日の朝だった。
わけがわからないまま、もう一度、同じ一日を過ごす。
予知夢やデジャブのようなものではなく、一日の流れが全く同じ。
あまりの事態に恐怖を覚えながらも、死んでしまった、事故の場所を訪れた。
そして事故の瞬間――
彼は“死神”と“人語を喋る猫”と出会った。

そして告げられる言葉。

「死はまだ回避できていません」

高嶺昂晴は死ぬ運命から逃れるために、死神の仕事を手伝うことになる。
その方法とは、何故か喫茶(カフェ)をオープンさせることであった。







【感想】
…ゆずソフト版BLEACH、以上。
嘘です。






ここ数作のゆずソフトをプレイすると、なんかいつも通りだなって作品と、
今回はちょっと変えてきたかな?という作品の2つに大別されているなという印象を受けます。


本作はどちらかというと後者側に位置するのかなと思います。
ここは感覚的な話で、論理的な裏付けはないのですが…
ちなみに前者は「千恋*万花」や「RIDDLE JOKER」にあたり、後者は「サノバウィッチ」が該当します。


さて、自分がいつものゆずorいつものゆずではないと判断していても、
それ他の人と同等とは限りません。
試しに、「○○(作品名) いつものゆず」とTwitterで検索すると、
当然のごとく自分の判断と異なる意見がありました。
ただ、サノバウィッチはそういった意見は比較的少なかったように見えます。
いつのもゆずといってもどこを軸としてそう判断するのか、
まずそこを明確にする必要があると思います。
ここでは、主にシナリオ(テキスト)やストーリー・キャラクターで判断しています。

本作がいつもっぽくないなと思った点の一つとして、キャラクター(主人公含む)が挙げられます。
まず主人公がオタク気質っぽいです。すぐオタクみたいなエロい発想をしますし控えめな性格がさらにそれを思わせます。
また、ヒロインたちからからかわれることが多いです。
これは過去作でもそういったキャラはいたかと思われますが、
本作では大体のヒロインがからかってきたりするため、
精神的に女性優位感が現れています。
主人公は若干きもくて個人的にはイマイチでしたが、
ヒロインたちが頻繁にからかってくるのは非常に良かったです。

ところで、私はSかMかと問われたらMだと思うのですが(突然どうした)、
「毎日がM!」をプレイして、考えが変わりました。
このゲームはそれほどハードではないと思うのですが、
さすがに人権のないMはいやだなと思い、現在ではどちらでもないと思っています。

しかし、本作をプレイして理解したのですよ。
自分は精神的にイニシアチブをとられたいのだと。
そんなわけでヒロインがからかってきたりする本作は個人的にツボでした。
この点は非常に良かったですね。


ストーリーはあまり印象にないのですが、
設定がストーリーを展開させるためだけに使われているという風に感じました。
私は物書きではないので、えらそうなことは言えないのですが、
優れたストーリーというのは設定をもとにストーリーを構築するのに対して、
微妙なストーリーは設定自体を展開に使う、という印象を持っています。
本作は後者であって、ストーリーにチープさがありました。よって微妙。

演出やシステムは特に変わってないので省略。


まぁこんな感じですね。
ヒロインにからかわれたい人はプレイして損なし。


・・・本当はゆずソフトがなぜ最も売れているエロゲなのかを考察したかったのだけれど、
面倒になったのでやめ。