a23fc720.png

「マオウオツ」
2015, 6, 1 / WIN / ATBRPG / DARMAX

魔王は『二度』堕つ



【商品説明】
マウス操作のATB(アクティブタイムバトル)RPGです。

Hシーン数は15+CGのみ1
基本CGは16枚、差分CGは1548枚です。


■おはなし
まおう様(主人公)は側近の謀反により、力を奪われ
そのうえ反逆者に仕立て上げられてしまいました。

まおう様は力と地位を取り戻すため
戦い、喰らい、エッチします。

だいたいそんなかんじです。



■システム
RPGと銘打っていますが、謎解きやダンジョン探索等一切ございません。
バトルと育成が全てです。

一度見たHシーンはバトル中以外ならいつでも見られます。

ゲーム本編で使用された全てのイベントCGはゲームクリア後に
画像ファイルとして入手いただけます

(dlsite.com様より引用)





【感想】
DLサイトの紹介を見ても、ちょっと本作の流れというものが掴みにくいと思うので、ちょっとここで軽く説明を。
本作はジャンルがRPGとされていますが、ダンジョンを自分で操作して探索したり、お金の概念はありません。レベルやパラメータ、スキルなどはあるんですけどね。
じゃあどういうことかというと、メニュー画面からダンジョンへ行ったり、レベルをあげたり、スキルの付け替えをしたりします。
さて、ここでダンジョンを選ぶといきなりゲームが始まります。
言ってしまえばダンジョンという名のバトルですね。基本連戦となります。
と、いうように基本戦闘メインで、ちまちまとノベルパートが挟まっていく感じですね。バトル+ノベルといった感じでしょうか。
なお、ノベルの部分はあまり多くないので、その部分を期待するとちょっと肩すかしをくらうかもしれませんね。

さて、本作はとにかくクリックするのが楽しいゲームでしたね。
戦闘は基本マウス長押しだったりするのですが、スキルなどを連続で使うときなどは連打するのでね、ちょっと快感でした。バトルではガードスキルを0%にすることが重要なのですが、ここがちょっと難しいところでして。
というのも、通常攻撃なら一回のレベルでこのくらいパーセント下げられるなーってのが分かるのですが、スキルの方は一回使用するのに時間がかかるわけで、推算しにくいんですよね。まぁプレイしていけばだいたいこのくらいかなっていう推算はできるのですが。
で、スキルは時間がたつとゲージが貯まり、マックスになると使用できます。
で、私は思ったのですが、これ、全部乱数なしの数値表記をしてほしいなと。
言ってしまえば詰将棋のようなものでしょうか。そういう風にしたらもっと楽しかったのではないかなぁと思ったりしました。まぁここは個人的な意見ですけどね。
また、本作では主人公のレベルがあがりスキルを覚えていくという形式ではなく、同じ敵を複数回倒すごとにスキルを覚えてたりパラメータが上昇したりします。
さらに、それぞれのダンジョンにボスとレアエネミーという女キャラがいまして、一定数勝つとエロシーンが見られたりします。
ここはいろいろ惜しかったかのように思えます。まず一つとして、スキルを主人公が覚えるのではなく、主人公が敵キャラを使役していくようにした方がよかったのではないかなと。そうすることでバトル中にスキルを発動したら、そのキャラがセリフをしゃべったりしたらより面白かったのではないかなと思いましたね。
また、強くなるには複数回敵を倒す、すなわちダンジョンにたくさん潜る必要があるわけですが、ダンジョンパートが簡素すぎます。一回のバトルの間に、使役したキャラクターたちとの小さな掛け合いを含ませたりすればより良かったのではないかなと。そうすることでダンジョンに潜る際の意義を複数持たせることができますし、単なる作業からある程度は解放されるのではないかなと。せっかく女キャラが可愛らしいのに、バトルとエロシーンばっかりが出番で、ちょっともったいないと思いましたし。残念でしたね。
バトルやシステムについては以上で、次はノベルパートですね。
本作のセリフは吹き出し式で、これは一枚絵や立ち絵(正確には立ち絵ではなくフェイスアイコンなのですが)両方ともです。
これは作品の雰囲気に合っていてとてもよかったです。また、CGの時にセリフをクリックで読み進めるのですが、これ、効果音もクリックで表示されていくんですね。これは純粋にクリックが楽しいなあと思いましたね。
吹き出しの構造などには新たな工夫は見られませんでしたが、クリックと簡素なセリフ、効果音が見事に噛み合っている印象を受けました。これは実際にやってみたほうが分かるかもしれませんね。
最近の吹き出しを用いた作品ですと『円交少女』がありましたが、あれは読まされているという印象で、こっちは表示されたのを見ていく、といった感じでしょうか。漫画的なんですね。とりあえずよかったです。

ストーリーはあってないようなものなので省略します。
トータル的には良かったです。しかし、キャラクターの掛け合いが少ない、ストーリーがあってないようなもので、とりあえず戦闘メインでとってつけたような感じになっているのが残念でしたね。まぁ値段を考えるとしょうがないのかもしれませんが。骨格はよくできているので、周りの肉付けがうまくいけばもっと面白い作品になる可能性は十分にあると思います。今後の作品に期待したいところですね