64d3e258.jpg
「恋×シンアイ彼女」

2015, 10, 30 / WIN / ノベル / Us:track

「ささやかな恋 はじまります」



【あらすじ】
國見洸太郎は、御影ヶ丘学園に通う 2年生。
文芸部で、小説家になることを夢見ながら活動をしていた。
しかし、彼にはどうしても書けないお話がある。
 “恋愛小説”
それは、彼が幼い頃に経験した、がっかりな初恋のエピソードのせいらしいのだけど……。
新しい春。
桜代学園、西学園、そして洸太郎が通う御影ヶ丘学園。 3つの学園が統合され、新たな出会いが生まれる。
幼い頃に出会い恋をして、離ればなれになっていた 姫野星奏 (ひめの せな)。
数年前まで親友だったが、あることをきっかけに口をきかなくなった 新堂彩音 (しんどう あやね)。
そして恋愛小説が書けない 國見洸太郎。
そんな 3人は、何かの偶然か、教室でも 3人隣り合わせて急接近することに。
何も変わらない日常に、恋愛小説のようなお話が舞い込んでくる。



【作品の雰囲気・世界観】
本作は一般的な学園モノのノベルゲームとなります。
といってもたくさんあるような学園モノとはちょっとだけ異なり、比較的現実寄りなヒロインやストーリーとなっております。
現実寄りといわれると抽象的かもしれませんね。ここは地に足がついたとでも言えばいいのでしょうか。
いわゆるエロゲのヒロインというのはある種野郎どもの理想を象っているわけでして、本作ではそういった媚びたキャラ設定などはあまりなく、どちらかと言えばおとなしい・地味な感じだったかなと。
作品のコンセプトが「等身大の恋愛」ということで、そのコンセプトをうまく表現していたかと思います。
子供の頃の幼馴染とか学生時代の旧友だとかはちょっとあれかもしれませんが、これくらいなら普通でしょう。
また、背景が非常に綺麗で、どこか現実に存在するのではないのかと思うような写実さを持っていました。
更に、本作ではipodやら妖怪ウォッチやらと現実に存在する名前がちまちまでてきたり、ちょろっとパロディネタが出てきたりします。
私はこういうのはあまり好きでは無いのですが、本作ではキャラ設定や背景が現実寄りっぽい感じなせいか、それが上手く調和されていたかなという感じでした。
あとで後述するのですが、ストーリーもご都合的な展開が少なかったりするので、作品全体として地に足がついたような等身大僕らの青春事情みたいな感じでしたね。
こと雰囲気に関して言えば結構好みでしたね、これは背景の力が強かったからでしょう。


【ストーリー】
また、ストーリーも結構地味でしたね。
どの個別シナリオにも言えるのですが、地に足が付いたようなイチャラブで見ていて結構身悶えました。
そして結構現実路線だったかなと。ルートにもよりますがご都合的なハッピーエンドではないのですが、ヒロインは救われるような感じで、私としては好感をもてました。
でも、ひとりだけ地雷キャラがいますw
なのでキャラクターとのイチャイチャが目的の方は買う前に気になるキャラがそうなのかどうか調べてからのほうがいいかもしれませんね。
地雷キャラは避ければいいだけですし。
あーでも、ここも注意が必要なのかな。本作ではCGで主人公の顔が他作品の萌えゲーとくらべて描かれていることが多いです。
そして、主人公の色が強いため、主人公=自分という風に捉えるのはきついかもしれません。
なので、主人公の顔が映っているのが嫌な方、または主人公=自分という見方をする方は検討したほうがいいかもしれません。

また、本作のテーマとして「恋」が挙げられると思います。
このテーマを目的に買うヒトもいるかと思われます。
私自身もここを目的として購入したのですが、ある程度の満足感は得られたのかなと。
まず注意が必要なのは、本作はライターの恋愛哲学などを扱った作品ではないということ。
なのでそういったのが目的ならちょっと避けたほうがいいかもしれませんね。
どちらかというと「恋」の姿勢をストーリーとして表現した、といったほうがいいのかもしれませんね。
一言で「恋」といっても色々あるとおもいます。
やはり好きな人と結ばれてこそだろと思う人もいれば、想いを告げられれば十分、または心に秘めつつ眺めているだけでも十分など、恋に対する姿勢は十人十色です。
本作では文芸部に所属する主人公らがラブレター応援キャンペーンというものをやる際に、そういった「恋」の有り様についてちょっとだけ述べられていて、ここをもうちょっと強調すればいい作品になったのでは無いかなと思いました。
というのも本作では恋に対する姿勢が個別シナリオとして対立して描かれているんですよ、いやこれは私がそう感じただけかもしれませんが。
それに該当するキャラないし個別ルートは彩音と星奏ですね。
思うに彩音と星奏と主人公はただのゆるーい三角関係だけではなく、「恋」に対する姿勢の対立も含んでいていると思われます。

或いは、恋に追われる主人公(彩音)と恋を追う主人公(星奏)のストーリーの対立、と書いた方が正確かもしれませんね。
どちらのシナリオでも現在におけるヒロインの心情というものが描かれておらず、行間を読む仕様となっている上、基本的に主人公が中心となってストーリーが進んでいきますからね。
主人公を軸としてストーリーを捉えた方が正確につかめるのではないのかなと思ったり。



3e985fd4.png




以下ネタバレにつき注意。











<<<<<ネタバレ>>>>>








彩音は服飾科から普通科に戻って来たのに対して、星奏は主人公よりも音楽を選んでいきます。
これはどちらが大事かという話もあると思いますが、彩音は結ばれて好きな人とずっと一緒にいるのが「恋」であると思っているのに対して星奏は想っていれば…というタイプなのではないかなと思われます。
それゆえ、彩音は普通科に戻りますし、主人公に対して告白をしますよね。

それに対して星奏ですね。個別では一度主人公と付き合う前に転校しようとしてますし、最終的なシナリオでは別離してしまいます。
付き合っても彩音のことを気にしてますしね、主人公が「友情と恋愛なら友情とるだろうな」と思っているように、彼女はそういうタイプなのだと思います。
また、星奏は自分の気持ちを口にすることができないと言われてますしね。
なので、せめて文字にして伝えられるようにしようと文学部に入ったことや、手紙を書いて主人公に言葉を伝えていることに説得力があると思います。
また、本作では気持ちを文字にして伝えるというコンセプトに沿っていますしね。そういう意味では悪くないのかなと。
そういったことをから考えるに、個別シナリオ最後で何も言わず(言えず)に離れていくのも無理は無いのではないかなと思いますし、最後がああなのも彼女の性格上しょうがないのかな…
と考えることも出来ますがそのくせエロシーンでは赤ちゃんがどうとか涼介に取られないようにとか嫉妬したりしていてうーん、女心はよくわからないですねw


で、問題は終章ですね。私的な感想を言わせてもらうと星奏個別-終章の流れは好きだけど嫌いです。
プレイ中に心を掻き乱されたのは久々でしたね。どうも主人公に感情移入してしまいましてね…ヒロインのことが大嫌いだけど大好きという気持ちが非常に理解できてしまったのがとても辛かったですね。
そういえば、優れた寝取られゲーの指標のひとつに「どうしてこいつら(主人公とヒロイン)は幸せにならねーんだろう」と思ってしまうことが挙げられます。
本作は個別-終章イチャラブ描写が結構逸材でしてね、すげー幸せそうに見えるんですよね、主人公らが。そのくせラストでふたりとも幸せになったかったいわれたらなってないし、もうやるせない気持ちでいっぱいですよ。
どうしてこうなったんでしょうかね…


また、これは終章に限った話ではないのですが、星奏の心情描写が必要だったかもしれませんね。
主人公や我々から見た星奏は何も言わずに消えていった最低なヒロインと捉えられても仕方がありません。むしろ星奏もそれを望んでいるのかもしれません。(裏切ったという罪悪感もありますしね)
しかし、星奏だって離れることを何も思わないわけありませんし、そこを描写することで恋の切なさややるせなさを感じさせることができたのではないのでしょうか。
終章で出てくる精華の転校する際の心情などが星奏の遠くへ行った際の心情を表現しているようにも思えたのですが…あくまで可能性の一つであり、想像の範囲を超えられませんしね。

でも、ここは捉え方が正直いって難しいです。
最近のエロゲやラノベのトレンドとして描写が細かく描かれる、ということがあります。
行間なんて知るか、細かく細かく描いた作品が人気、評価されてますしね。
そういう作品は自分も好きですが、はたしてそれでいいのでしょうか。
確かに、細かく描いたからといってそれだけでウケるなんてないでしょう。描写をするのにもセンスが必要ですからね。
でも、私としてはそういったセンスのある細かい描写よりも、行間を読ませる方を描くほうが優れていると思いますしそれが優れたシナリオライターであると考えています。

なので、徹底的に星奏の細かい心情描写をせずに行間を読ませ、主人公からの視点のみで描ききった恋を追いかける男の物語として、私は評価したいと思います。

まぁあと、変なこと言うのですが、他人の心なんて結局分からんのですよ。一緒に過ごしたり経験を積むことによっておぼろげながらわかってくるわけで。
終章における主人公だって今まで過ごしてきた経験から、星奏がどこかに行きそうだな、ということを察知したわけですしね。
(ここで、逃げるならラバースーツ着させて地下に閉じ込めておけばいいんじゃないかなって思ったのは内緒ですw)
なので我々ユーザーも作中における星奏の性格やセリフ、また精華と星奏の社会的立場の類似から察するに精華の心情は星奏のそれを示唆している等色々な視点から星奏の心情を汲み取ったほうがいいのではないかなと。
終章最後が曖昧な終わりかたをしているのもユーザーにこの作品を委ねたいというクリエイターの意思とも取れます。
そういや、最近はこういう曖昧な終わり方をする作品って見受けられませんね。行間を読ませるシナリオといい、結構古いタイプのゲームかもしれませんね。


そして、どうやら星奏ルートは新島氏担当らしいですね。
で、前作の「魔女こいにっき」を思い出したのですが、相変わらず氏はヒロインを雑に扱いますね。
新島氏のストーリーはメインヒロインを核とした構成をしていることが多いです。
で、サガプラネッツにいた頃はメイン以外のヒロインの個別で雑に扱っていることはありませんでした。
しかし、サガプラネッツを退社した後の「魔女こいにっき」ではメイン以外のヒロインを雑に、メインヒロインのストーリーのためのヒロインという扱いを受けていました。
で、本作ですね。本作では主人公のストーリーのためにメインヒロインを雑に扱ってしまったと。
いや、まぁ色々考えれば雑に扱ってないのですが、プロット的な意味合いで雑だよなと。
というか、新島氏は自分の作品に登場するキャラに愛着というのがないんですかね?
どうにもストーリーに関心が行き過ぎてヒロインを適当に扱いすぎな気がします。
ここは新島氏の悪いところではないかなと。
私はエロゲにおいてストーリーの優れたものというのはキャラクターの扱い・描写が丁寧であることが挙げられると考えています。
なので新島氏のキャラに対する扱いというのは正直嫌いですね。でもストーリーは結構好きなんですよね。ここは改善してくれるとうれしいのですが…


余談。ふと思ったのですが、私は新島作品て若干keyぽさがあるよなと思ってまして。
それで本作はファンタジー要素の無い、傍から見れば救いのないシナリオがあってですね、これってある種新島版智代アフターとも言えるのかなとか思ったりw
智代アフターも最初の頃否定ばかりで~って聞きますからね。
まぁ本作の場合はFDでもないですし、ライターのメッセージ性云々の観点からも本質的には違うのだけれど、ユーザーが作品に対して望んでいたモノ、という意味では似ているかもしれませんね。



ていうかこれ全然関係無いんですけど公式の有償特典の抱き枕カバー、星奏ですよね。
これ考えたヒト性格相当悪いですよねw
私は星奏個別のイチャラブ見て公式買えばよかったかなとか思いましたが、最後までやったら買わなくてよかった…って思いましたし(結局落ち着いたら欲しくなってるあたりあれですが
自分は星奏かなり嫌いでかなり好きなんでほんと…










<<<<<ネタバレ終了>>>>>











ネタバレ部分をネタバレ無しで箇条書すると
・本作は行間を読ませるシナリオが存在するので、過剰な描写が好きな方は注意
・私は過剰な描写を上手く描ける人よりも、行間を読ませるシナリオを描けるひとのほうが優れていると考えている。
・1ルートが古臭いシナリオ
といった感じですかね。


あとはキャラの扱いですね。
これは新島氏が担当したルートにしか言えないことで、先ほども書いたのですが、新島氏はキャラに対する配慮や思いやりに欠けていると思います。
私はエロゲにおいてストーリーの優れたものというのはキャラクターの扱い・描写が丁寧であることが挙げられると考えていますので、ここはいただけませんでした。
思えば、新島氏はヒロインの心理描写とかそういったものを作中に描いていたかというとあまり印象にありませんね。
彼の作品に対する哲学などは知りませんが、おそらく彼にとってヒロインとは主人公自身のストーリーを展開させるための駒でしかないんでしょうね。
ここは氏の弱い部分でもありますので、何とかしてほしいのですが…

あとはエロシーンが結構良かったです。
おかずとして~とかではなく、エロシーン中で会話が多いんですよね。
これ、個人的にすごい好感あります。
ただ喘いでいたり状況説明みたいなセリフというのはあまり好きじゃないんですよね。
その点本作では妙にエロシーン中の会話が印象に残っているんですよね、これは良かったです。

【CG・背景・BGM】
本作品は先程も述べました通り背景が非常に綺麗です。
また、CGはその背景と調和した構図が見事でしたね。
最近のエロゲではヒロインを斜めにかいてばばーーん、みたいなCGが多いだけに、本作のような背景を活かしたCGというのは非常に良かったです。

近年の作品の中では、背景、CGのレベルは相当高いと思います。

BGMですが、雰囲気にあってました。背景やCGをまとめ上げるような役割もしていたかなと。





【総合】
CG・背景・BGMは優れています。
シナリオに関しては、これはもう人に依存します。
まぁここは各々の作品に対する捉え方の問題でしょうね。
ただ単にヒロインといちゃつきたいひとからしたらこんなふざけた展開はないわけで
恋のお話としての捉えるなら、ヒロインの描写が足りないと捉えることもできます。
いやいやこれは行間を読む作品なんだよ。という人もいるでしょう。
自分は結局行間を読む作品、或いは恋を追うor追われるストーリーの対立、としてうまく描かれた作品だなという結論にしました。


ちょっと思ったことなのですが、近年のゲームにありがちなこととしてこのように○○ゲー、みたいに型にはめる人や、はめることが出来る作品が多いですよね。
それに対して本作はそういったテンプレートにはめることができない作品ということで、そういった意味では結構珍しい作品かもしれません。
最近の商業エロゲに限った話をすれば、最近の作品はユーザーが望んだ「型」に嵌めこんだ作品を作っているような印象を受けます。
そして、優れた作品というのはそういった「型」に上手くはめ込めた作品のことを指しているような。
まぁこれはちょっと悪く言ってますね。良く言うと期待に答えられた作品、でしょうか。

商業なのでまず第一に売れないと続かないので、そういった作品の作り方が悪いとは思いません。個性的なのは同人で補えますし。
しかし、私に限って言えば期待通りの作品ばかりではちょっと飽きてしまうんですよね。
20世紀やDOS時代では、何が出てくるのかわからない、そのわからないカオスさが良いという人もいました。
本作ではそういったカオスさやアングラさはないものの、萌えゲーや抜きゲーと言った型にはめることの出来ない、クリエイターが好き「勝手に」作った、というような印象を受けました。

そして、好き勝手に作ったもののひとつの作品としてのまとまりに欠けてしま結果となってしまったかなと。
1ルートだけ完全に違いますからね、どうせ複数ライターなのですから、決められたコンセプトに従い、全員が個別で好き勝手に描いていれば良かったようにも思えます。

私としては面白かったですし、ヒロインらに悶えつつ賛否両論をまねくシナリオで自分なりの評価点・解釈を見いだせたので、背景やCGあたりを評価して名作にしておきます。
って最初は考えていたのだけれどね…
私が評価した部分ってのは、優れている以前にコンセプトに反してるんですよね。
本作のHPを見てみると、「学生時代にしか感じることの出来ない、甘くも酸っぱくもある 青春ならではのエピソード」のシナリオなどを描くと言ってるわけで
ですから、終章なんていうのはコンセプトから外れた、いうなれば詐欺的な存在になるわけです。
そうなるとどうしても嘘をついた、詐欺的な部分はマイナスだよなということで、トータルでは良作としておきます。
まぁ自分自身としてはとても楽しかったですし、出会えて良かった作品でしたが、自分らで掲げたコンセプトから外れた、ユーザーを欺くかのような姿勢はあまり良くなかったですね。


総合評価:B (良作)