61l1BOzwYvL
「マジェスティック☆マジョリカル vol.1」

2018,3, 30 / Win / ノベル / ダズカラット



 商品紹介
「心のキラキラ、奪ってあげる」

Vol.1のテーマは“奪い合いの恋”
ラピスの研修先のクラスメイト、樫森光希と小坂四季は校内でも有名なイケメンの親友同士。
おっとりしていて控えめな光希と、社交的で明るい四季。
ラピスの出現により、二人の関係性に少しずつ変化が……。
孤独な光希を放っておけないラピスと、ラピスを気に入り積極的に迫ってくる四季。
親友二人の奪い合いの恋が始まる――。



【感想】
2018年に入ったころ、乙女ゲームで新作は何が出るんだろうな~と調べていたらふと見かけたのが本作。
調べてみるとシナリオ協力のところに西ノ宮勇希さんがいるじゃないですか。
サイトを見た感じグラフィックもきれいそうだし、とりあえずプレイしてみるかという流れで本作に触れました。

で、後から気付いたんですけど、本作のメインライターってひよ(風花琴梨)先生じゃないですか。
いやーサイト見た時に気付けよって話ですよねw
あんまり関わってない感じの西ノ宮先生に完全に気を取られていましたよ。

ということでシナリオライターとグラフィックを目当てでプレイした本作ですが、
グラフィックは満足できたのかなと。


まずストーリーについてですが、
無難な恋愛モノで可もなく不可もなくといった感じでしょうか。
ロープライスなためボリュームはありませんが、
知り合ってから恋仲になるまでの過程が比較的丁寧に描けていたのではないかと思います。

が、ここで問題というか、本作のテーマは「奪い合いの恋」とされています。
私はノベルゲームにおけるストーリーのテーマとかはあんまり気にしないタイプなのですが、公式サイトで公言されている以上触れるべきでしょう。
本作では「奪い合いの恋」をテーマにしているのに対してその要素が作中で薄すぎるのです。
本作のストーリー構成はHPを見てもらえばよくわかると思うのですが、
共通シナリオ→個別→マルチエンディングとなっています。
で、本作のテーマの要素が入っているルートっていうのはこの中のほんの一部なんですよ。
普通に恋愛するルートを入れるなとは言いませんが、
明確なテーマがある以上、普通の恋愛をメインの軸にしたらいけないんだと思います。
共通シナリオで怒涛の奪い合いの描写を描いてエンディングはあっさりにするとか、
逆に付き合うまでの過程はあっさりにして、そのあと奪い合いをしてもいいはず。
本作はそういったシナリオに思い切りの良さが感じられませんでした。
毛先だけ変えて~という感じの分岐で、あまり面白いとは思えませんでした。

また、そういうテーマがある以上、アウインエンディングとかいらないだろうと。
個人的なことを言わせてもらうとアウインは好きなので、
そのエンディングはあって良かったというのが正直な意見なのですが、
テーマに対しては不要ですよね。
ここをどう捉えるかは人それぞれですが、
まぁ~どうなんだろうな~とは思いました。



また、ゲームの新作を買うためにHPを見て、
テーマや雰囲気が気に入ったから買うという人はいるはずです。
そのような人たちからしたら、本作はちょっとがっかりに感じたかもしれませんね。
あ、でもひよゲー的要素はちょいちょい含まれているので、
それ目的だとある程度の満足感は得られるかもしれないですね。



シナリオの分岐について。
一般的なノベルゲームだと選択肢の積み重ねなどによる分岐がメインですが、
本作は「ジェム採取」といった体感的要素による分岐があります。
つっても、単純に言うと、攻略対象の体とか顔をクリックするパートがあり、
クリックしてキャラの反応を楽しむというものですが。
このシステムは単純に良かったですね。
クリックしてキャラクターの反応をみるというゲーム的な要素に加え、
シナリオ分岐にも影響するので無駄なパートではない。
作中の雰囲気にマッチしたシステムで好感が持てました。


グラフィックは予想通りいい感じでしたね。
色彩とかも個人的にかなり好みかつ、
あまり見かけないタイプなので新鮮に感じることができました。
また、構図とかもいいんですよね。
どういう場面なのかが結構伝わってくるなと。
あとはなんかあったかな…キャラクターが魅力的だった(アウイン)とか、
街並みが西洋風かと思いきや住宅街は日本のそれで統一感ねえわ~とか思ったりしましたけど細かいところなので略。
イメージ846


グラフィックをはじめとして光る要素はたくさんあると思うんですけどね~。
いかんせんシナリオが普通というか、
無難にまとめ過ぎた感じがしますね。
もうちょっとストーリー関連が尖っていたら一段といい作品に仕上がるのかなと思いました。
まぁ本作は3部作中の1部作目ですからね、
今後に期待といったところでしょうか。
HPを見る限り、ストーリー関連は改善されなさそうですが…
その杞憂を晴らしてくれることを祈りたいです。
ちなみに西ノ宮要素はありませんでした。