resize_image

「消えた世界と月と少女」

2018,3, 23 / Win / ノベル / La'cryma×ひよこソフト



【商品紹介】
大和国広瀬郡 散吉郷――――――

数年ぶりに故郷の村へと戻って来た沖名 誠司(おきな せいじ)は
伝承をなぞらえたかのような連続怪死殺人事件に巻き込まれる。

過去に起きた猟奇的な殺人事件、謎に包まれた母の死、
そして決して逃げ出すことの叶わない、山に囲まれた村。

“五つの難題”とも呼べる、数多の謎を解き明かした先に待つ真実は希望か絶望か、




【感想】

本作はLa'crymaとひよこソフトで共同開発されたものです。
最初はあまり本作に興味はなかったのですが、周囲の方で興味を持っている人が多かったり、
クリエイターが自信満々だったのでじゃあプレイしてみようかなといった感じでプレイしました。

本作はノベルタイプのADVで選択肢によって分岐するタイプですね。
個別ルートへの分岐はある地点での選択肢で分岐するので、読み重視の構成となっています。
また、本作は個別ルートをクリアした後にグランドエンディングが訪れる形式となっているため、オールクリアが必須となっています。


ストーリーのジャンルは「和風伝奇ファッションミステリー」らしいです。
ファッションミステリーということなので、メインは和風伝奇にあたるのでしょう。


【ストーリー】
さて、まずストーリーですが、大雑把に言ってしまうと「ひぐらしのなく頃に」のオマージュみたいな作品だなと。
や~、これ体験版時点で分かるらしいですね。
これ知ってたら本作プレイしてませんでしたよ。この時点で私にとって本作をプレイする価値はなくなりました。
しかし、世間一般で有名な作品のオマージュだから低評価とかはしません。
自分が知っている作品のオマージュだから~というのはフェアではありませんし。といっても、作品に対する主観的な印象は良くありませんけどね。

一言いうのであれば、オマージュにするならその作品くらいは超えようよとは思うわけでした。
本作はひぐらし以外にもちらほらオマージュが見られますが、作品として完成された姿はオマージュの寄せ集めに過ぎませんでした。
あらゆる要素が足し算されているため全体的な構成に違和感があります。
とあるサイトで引用されていたけれど、
何かしらのマネやオマージュをする場合は、要素を足し算ではなく掛け算をしないといけないらしいですね。
それを思い出しました。

ストーリーの内容に入りますと、ひぐらしみたいな作品ということなのでミステリー要素はほぼなし、
伝奇というよりこれもうライターの頭がファンタジーだろって感じです。加えて熱血や友情、バトルといった厨二的な要素も含まれています。
ストーリー自体はそんなによくありませんでした。
設定を出していくだけの展開、作者に都合の良いキャラクターの行動(というか、主人公が無能)やシナリオ展開で正直プレイしていてとても苦痛でした。
もし仮にストーリー目当てで本作をプレイするのであればお勧めしません。

設定も何かしらの土台があるわけではなく、ライターに都合の良い要素を寄せ集めてきたようなうさん臭さを感じます。
ていうか、そういった物語を紡ぐ土台が適当すぎるうえ、ストーリーもその設定を小出ししていくだけなので面白いわけがないですよね。
さすがにあの設定は無理があるんじゃないかな~?人によっては壮大なドッキリ(絶望感)に感じるかもしれないけれど、大半の人は茶番に感じると思いますよ。
キャラクターもストーリーに動かされているため、そこにキャラクターたちの信念といった生命力を感じないので魅力を覚えることもありません。


ストーリーをプラスにとらえるのであれば、次々と続く衝撃的な事実にはらはらした。とか最後の最後に急展開となるのでしょうか。
そういう作品も好きだけれどね…本作はストーリーを積み重ねていくというよりは寄せ集めていくんですよね。
なのでプレイし終わったときにカタルシスを得ることもなく、虚無感を覚えます。

それゆえ、ストーリーは最悪でした。







【演出】
本作の良かったところは演出になります。
演出といっても、立ち絵がよく動くとかそういった動的演出ではなく、物語を構成するBGMなどの使い方が上手かったということです。
盛り上がる場面では挿入歌、BGMの使い方もGOODと、ストーリーを装飾する要素の扱い方は非常に良かったです。
曲やBGM自体の質も良かったです。
CGはどうなんでしょうね、なんでこの場面にCGがないんだ~とか思わなかったので使い方は良いと思うのですが…
CGの質自体も個人的には満足でした。特に塗りや構図が印象に残っていますね。
ただ、盛り上げの対象となるストーリーがひどすぎたので結果的に印象に残りづらくなっているのが悲しいところでしょうか。





【総合】
とにかくストーリーがひどすぎました。
BGMやCGが良かっただけに本当に残念でした。
エロシーンが個人的にエロかったなと思ったので、普通の萌えゲーで良かったんじゃないかなと思わずにはいられませんでした。