c931798package

「Chrono Box」

2017, 5, 26 / Win / ノベル / NO BRAND

屍ね──




【あらすじ】
――大海に浮かぶ小さな孤島“天使島”

そこに住まう若者達の中に、期招来那由太はいた

彼の通う“EDEN”に流れる、当たり前の日常

友人達と、当然のように遊び、当然のように笑う日常

そんな日々は、たった一つの黒い箱と、たった一人の黒い少女によって終止符を打たれる



きっと、大丈夫

忘れたままの方がいい

思い出してはいけない過去



EDENに集う天使のような仲間と、今日も日常を過ごす

少女が導く悪夢は、まだ終わらない――





【ストーリー】
本作はノベル系ADVとなっております。
時折マップ移動が含まれますが、選択肢による分岐がほぼ存在しません。
つまり、ほぼ一本道のストーリー構成となっております。

本作がどういうゲームなのかを一言で表すと、ストーリー重視の作品になるのでしょうか。
ジャンルは…強いて言うのであればローファンタジーに分類されるのでしょうか。
さて、本作のことをストーリー重視と表現したので、まずそのストーリー自体はどうだったのかについて。
結論としてはちょっと微妙かなと。
この作品、すごい大雑把に言うとゼロ年代に持て囃されたシナリオゲー()みたいなやつなんですよね。
つまり、なんだか意味不明な展開とか設定を説明してないだけの伏線っぽく思われる意味深な専用ワードとかをちらほら小出ししつつ、
最後にこんな設定でしたよとばーんと出るタイプですね。

こういう流れのストーリーを良いか悪いかを判断するのは人それぞれでしょう。
そういった少しずつ出てくる情報を元にゲームの設定を推測したりしながらプレイする人にとってはこの作品は非常に良い作品だと思うでしょうし。
でも私はそうは思わないんですよね。
私はストーリーが優れた作品というものは、序盤に物語の目標が明確に示されており、
それに向かってキャラクターたちが明確な意思を持って行動していくものなんだと思っています。
そして、優れたストーリーは、物語の序盤から連続的に展開・変化していき、それらがきれいに積み重なった結果なんじゃないのかなと思います。
これは一つの判断基準に過ぎません。キャラクターを魅力的に描くことも必要であると私は思っています。

さて、そういった判断基準を持つ私にとって、この作品のストーリーは微妙でした。
それはなぜか、まず一つ目に物語の明確な目標が序盤に示されていないからです。
本作の序盤の流れは、主人公が「EDEN」という学園施設のようなものに通うところから始まり、ヒロインと黒い箱を探し、
その過程を経てそのヒロインと結ばれるという流れになります。
この流れからすると黒い箱を探していき物語の真相に迫っていくという流れになるのかな?と思われがちですが、
そういったことも明言されません。
この後主人公はなにをしたいのか、何に向かって行動しているのかがまったく理解不能なのですよ。
当然、オールクリアしたあとならその理由などが分かるのですが、リアルタイムでプレイしている最中は分かりません。
プレイしていくにつれて、一応目処は付きますが、その理由は最後までプレイしないとわからない。
この時点で既に物語の展開で得られる情報が連続的ではなく、分散していく印象を受けました。
また、ストーリー自体も重大な説明を隠しているだけで、その設定を出すことに重きが置かれている構成となっています。
まぁ、だから最後あたりは面白かったりするのですが…
ここなんだよな~、本作は設定やプロット自体は面白いと思うのですが、その表現のしかたがすごい微妙なんですよね。
なんか最近のストーリーがいいって言われる作品てだいたいこんなんな気がする…
もうアダルトゲーム業界に優れたストーリーテラーはいないのでしょうね。
以上のようなことから、本作のストーリーは優れていると言えないと思います。


また、プレイしていて冷めるんですよね。なんだか自分だけ蚊帳の外にいる感じがして。
なんだろ、例えば『ONE PIECE』とか『DRAGON BALL』とかでも何かしらの目的・目標に対して頑張ったりしているわけじゃないですか。
その目的などを読者(プレイヤー)が知っているからこそキャラクターの行動やセリフに感動したり興奮したり、応援したりします。
それによって作品を面白いと思ったりすることってあると思います。
本作はそういった指標がないため、主人公を含めるキャラクターに対する愛着などが非常に湧きにくく、ストーリー自体も面白いと感じにくい結果となりました。

あとついでにシナリオ(テキスト)の話をすると、これもまた微妙。
私自身がエロゲの中でエロゲの話をされるのが苦手ということもありますが、全体的にパチモン臭い感じなんですよね。
なんか見たことのあるような感じなんですよね。よく言うと癖のない一般的なシナリオと言えます。


【グラフィック・演出】
CG枚数は84枚でSD絵はなし。
うち半分くらいがエロシーン関係でしたね。
まぁグラフィク関係は特に言うことはないですね。可もなく不可もなく。
グロシーンがちょいちょいありますけど、あんまり過激じゃないので、苦手な方でもイケるのかなと思います。
イメージ163

演出について、目パチ等は無いのですが、ストーリーで惹きつけるシーンでの演出は良かったのかなと。
画面にノイズが入ったりいきなりホラーになったり、ボールの音がなるシーンはちょっとびっくりしたかなwブラクラを思い出しましたよ。


【総合】
設定やプロットは良かったのですが、それ以外は普通またはそれ以下だったのかなと。
まぁこれは私の判断基準ですからね。
一応現段階ではCにしておきます。
古来からこういったゲームはエロゲーマーには結構好まれますし、高評価する人が多いです。
だから大体の人はプレイしたら面白いんじゃないかなと思います。
ゼロ年代のシナリオゲーが好きな人はプレイしてみたら如何でしょうか。



総合評価:C (佳作)