タイトル通り、今まで見たアニメについてふと振り返ってみたりしてました。



ふと今まで見たアニメでも整理しようかなと思い、
今まで何を見ていたのか思い出したりしていました。
いやーおもったより見ていませんでしたねw
子供の頃からそうだったけれども、私はアニメを完走したことがあまりないんですよね。
途中で一話逃したりして…とか、昔からゲーム優先だったので、普通に見忘れたりとかで継続するということが出来ませんでした。

まぁそんなことはさておき、せっかくなので、
今まで私が見たアニメの中で気に入っている作品を紹介しようかなと。
判断基準はありません。何かしらが優れているとかそういう観点からは選んでいません。
完全に私の好みという主観です。
ちなみに、私はアニメになるとロボやバトルモノをよく見る気がします。
どうせ動くんだからそういった派手なモンが見たくなるんですよね。
それでは、古い年代から。



main

1995『新世紀エヴァンゲリオン』
いきなり有名所から。
難しいこと抜きに、単純にストーリーが好きでした。
純粋に使徒を迎撃しているときが好きだったので、第九話『瞬間、心、重ねて』
や第拾話『マグマダイバー』が好きでしたね。
ちなみにアスカ派です。



sn_001

1998『カードキャプターさくら』
またまた有名な作品。
幼いときからちょくちょく見ていたのだけれど、親の前で女の子向けを見るのが恥ずかしく途中で見るのをやめちゃいましたねw
月日が経って1話から見直したのだけれど、やっぱり面白いですね~。
桜ちゃんが可愛いのはもちろんのこと、作品全体に不快感がなく、あの優しい雰囲気が好きでしたね。
第3期のオープニングテーマ『プラチナ』は名曲ですね。



sim

2000『フリクリ』
PillowsのPV集…なんていったら怒られるかw
作品のノリや、映像の演出、Pillowsの音楽と、ハマった点はたくさんありました。
全6話なので何回でも気軽に見れる点も非常によし。



b21e11f6

2001『スクライド』
燃えアニメといったらやっぱりこれですかね。
メインの男キャラが全員カッコイイ作品でしたね。キャラクターの信念とかはカッコイイのですが、主人公らの最終形態のデザインとかはちょっとダサかったですねw
『スクライド』は男の話なので、女に関して語ることなどなにもないのですが、女性キャラのかなみとシェリスは男を支えるようなヒロインだった点も好印象でしたね。
水守さんは、うん…

同監督の作品『ガン×ソード』と非常に悩んだのですが、なんとなくこちらをチョイス。



_SL1500_

2006『CLANNAD』
やっぱりこれは外せないですね~。
基本的に原作がある作品のアニメは見ないのですが、これは原作をやる前から見ちゃいましたね。
原作はボリュームがヤバいから~ということでアニメを見たのですが、結局原作のほうもやっちゃいましたね。
この作品については特に語る必要は無いでしょう。原作を良さを残したまま上手くアニメ化した作品だと思います。
ちなみに、『Kanon』と『Air』のアニメは原作をやったので見てないんですよね。
やっぱりこの作品同様に面白いんですかね。気になります。



a1

2007『空の境界』
映画はあまり入れないつもりだったのだけれど、これは全7章とボリューミーなため、入れてもいいだろと思いチョイス。
私が唯一円盤を所持している作品ですね。そういうことから考えるにアニメで一番好きな作品はこれになるのかな?
映像が非常に美しく、両儀式が魅力的作品でした。
ていうか、見始めたきっかけが式でしたからねw
鮮花も可愛いけれど、やっぱり式ですね。



20E38397E383ACE38391E383ACE383BCE38389-c815d

2008『とらドラ!』
毎週楽しみにしていました。
前半は明るい雰囲気だったのに対して、後半はシリアスで雰囲気変わりすぎやろってびっくりした記憶があります。




_SL1000_

2008『CLANNAD~AFTER STORY~』
これも外せないですね。
何回泣いたか分かりません。
特に18話の『大地の果て』は本当に良かったです。個人的にはこのシーンは原作を超えたかなという印象を受けました。
主題歌もかなり良かったですね。
後から原作をプレイして、アニメで感動したシーンと、原作で感動したシーンが結構異なるという、なかなかいい経験をしました。



882fb31f-e0c8-45b2-8fde-5a9b4aac1a22

2012『氷菓』
巷の評判は割と普通だったりしますが、私は非常に好きな作品でした。
映像が非常に印象に残っています。特に最終話の最後のシーンは非常にきれいでしたね。





70d5312706b3ca943eb5defd47d38517

2013『ガンダム ビルドファイターズ』
ガンダムだったら『∀ガンダム』とか『Vガンダム』あたりが好きなのだけれど、これが一番かな~。
ガンプラバトルというコンセプトの元で作られた本作ですが
ガンプラを作る魅力というものを存分に表現することが出来た作品だったと思います。
それに加え、ガンプラバトル自体も非常にアツく、ガンプラバトルに全身全霊を懸けるキャラクターたちの姿に感動しました。
原作では雑に扱われる『ウイングガンダム』が、本作ではカスタマイズされて非常に大事にされている姿に感動する人もいるとかいないとか。
アイラカワイイネン




works_shirobako

2014『SHIROBAKO』
これはほんと面白かったですね~。
単なる内輪ネタアニメだろwとか思ってたんですが、ホント面白かったです、いやほんとすいませんでした。
見終わったあと円盤買おうかすごい悩みましたね、買っても良かった気がしますが、もう遅いか。
ヒロインたちが全員可愛いのはもちろんのこと、登場人物全員に魅力がある作品でした。
クズな人間たちがいてピンチになる状況がちょいちょいあり、見ていてハラハラしたりすることがあったのですが、
そういった際にキャラに対する不快感とかが全く無かったなぁというのが本作を思い出したときの感想でしたね。
特に思い出に残っている話は第18話『俺をはめやがったな!』。
最後のシーンで矢野さんが復活してきたときの安心感がすごかったw
アニメであんなに安心することなんて、もうないでしょうね。それだけキャラクターが非常に魅力的だったのでしょう。
ストーリーもなかなか面白かったです。あとヒロインが全員成人越えてるのでビール飲んだりするシーンがあるのが個人的に好印象。
づかちゃんが部屋を暗くしながらTVを見つつ酒を飲んでるのが特に記憶にあります。





ogp

2017 『ガヴリール・ドロップアウト』
つい最近の作品ですが、非常に好きな作品なのでチョイス。
ヒロインかわいいよね。特に悪魔勢が可愛いよね。


まぁこんな感じですかね。
そんなたくさんアニメを見てるわけじゃないので、月並なチョイスになってしまいましたね。
今後見てみたい作品は『カレイドスター』や『電脳コイル』あたりでしょうか。
なにかオススメがあったら是非教えていただきたいです。

あ、ちなみに一番好きなクソアニメは『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』です。
『デート・ア・ライブ』といい勝負でしたが、『俺修羅』は実況の楽しさというのを教えてくれたので、こちらが勝ちです。
『サムライフラメンコ』もなかなかクソ度が高いのですが、記憶の彼方に飛ぶのでNG。