_SL1500_
「夏空のモノローグ」

2010, 7, 29 / PS2 / ノベルタイプADV / オトメイト

その日、『ツリー』は歌いだし──
     7月29日は、ループを始めた。


【あらすじ】
story



【システム】
本作はノベルタイプのADVです。
選択肢によってヒロインごとにルートがある、一般的なタイプです。
本作の特徴としましては「VNRシステム」「LRCシステム」「ツリーピース」でしょうか。

「VNRシステム」は簡単に言うと画面のテキスト表示についてですね。
本作は全画面のヴィジュアルノベル形式ですが、常に全画面というわけではなく、場合によってはカットインが入ったりフェイスアイコンが使用されます。
それによりテキストの表示形式が変化するシステムとなっています。
ノベルゲームにおいて絵が重要であると考える私は、その絵を覆う全画面のテキスト表示形式には否定的です。
なのでこのシステムも特に評価はすることはないのですが、一応工夫はなされていましたね。
本作のヒロインは科学部に所属しており、その科学部が中心となりストーリーが進んでいきます。
そのため、大人数での掛け合いとなるのですが、本作はワイド画面ではなく4:3となっています。
そのため、多くのキャラを立ち絵で表示することは難しいです。
そこで本作はフェイスアイコンを用いて代わりに表現したりしています。
せっかくゲームやってるんですからね、セリフごとのキャラクターの表情とかみたいですもんね。

カットインやテキストの表示形式の変化については特に思うところはありませんでした。
ただまあ本作はシナリオ(テキスト)が良いと思うので、テキストを強調するという意味ではこの形式は正解なのかもしれませんね。
このへんは後述します。


「LRCシステム」
おおざっぱにいうと日常パートのイベント選択。
本作はループもので、作中でループの原因を探るパートがあります。
そのパートでどのイベントをするのかを選ぶのがこのシステムです。
これはよかったように思えました。
ただ単に読ませるだけではなくプレイヤーの意思を少しでも反映させることで、プレイヤーをゲームの世界に引き込ませることに成功しているのではないでしょうか。
まぁ実際には選択するだけなのでゲーム性は高いとは言えませんが、少しでもゲームとして楽しんでもらおうとする姿勢が見え、印象は良かったです。
選択画面でSD絵のキャラクターがいたりして、画面デザイン的にも良かったですね。



「ツリーピース」
プレイしてたけど、こんなシステム使った記憶はないですね。
ということでスルー。(レビューとして絶対良くない)





【ストーリー・シナリオ】
先ほども述べたように本作はループものとなっております。
私はループものに特別好意を抱いてるわけでもないので、ループものとしてこれはお勧めととはなかなか言えませんが、普通に面白く良かったです。
本作はループの原因を追究していくタイプではなく、ループを利用した恋愛・青春モノです。
なのでループの原因や設定にこだわる方には向いてないかもしれませんね。
恋愛・青春モノとしてはなかなか良かったのかなと。
でもふとおもったけどこれループである必要あんまりなかったかな…
2ルートくらいはループの中で逃れられない未来に対して前向きに挑んでいくようなシナリオがあり、それらは良かったように思えました。

むしろ本作が良いのはシナリオなのでしょうね。
ライターは西村悠さん。
私は本作しかやってないので、氏のことは詳しく知りません。
しかし、本作に限っていうならばなんというか、やさしい描写が光っていたように感じました。
主人公の心理描写など、これといって癖のあるテキストではないのですが、妙にいいんですよね。
まぁシナリオの良し悪しなんて主観が入ってしまうので単に私が気に入ったってだけかもしれませんが。


【BGM】
BGMはあまり記憶にないのですが、主題歌等は非常に良かったですね。
特にエンディング曲の『夏空のモノローグ』は良かったです。


【総合】
まぁ普通に面白かったですし、気になってる人はやって損はないのかなと。
しかし、評価をする場合において、これといった大きな特徴や優れている点が見当たらないので点数は伸びにくいのかなと。
減点する部分はほとんどないのですが、加点する大きな要素も見当たらない感じ、一応システム面で工夫が見られるところは評価したいですね。
総合はBかCというところでしょうか。Bにする場合の大きな理由が主題歌とシステム面の工夫になってしまい、理由として弱く思えるのでCにしておきます。

総合評価:C (佳作)