10月なのにまだ暑いですね。
ハースストーンやら最近読んだ漫画、見た映画とか。



【ハースストーン】
最近ハマっていた(伏線)ハースストーン。
対人型のカードゲームで、勝っていくとランクが上がっていく「ランク戦」というものがあります。
今月はそのランク戦でランク5を目指すことを目標にプレイをしていましたが、
ようやく達成することが出来ました。
使ったヒーローはハンター。ハイブリッド型を使いました。

まぁランク5なんて記事にする価値は無いのですが、
戦歴を記録してきたので備忘録のついでに日記のネタにしようかなと。

使ったデッキはこちら。
イメージ014



さて、ランク15から記録してきてランク5になるまでに193戦()もしたわけですが、(完全に努力賞)
これ1試合8分と考えると(193×8)/60 = 25.73 H ですね…フルプライスのエロゲ2本くらいやれちゃいますね。
結構時間を費やしてますね。
あ、ちなみに勝率は56%でした…まだまだですね

まずは対戦したヒーローの割合をランク15-11(130試合)とランク10-6(63試合)に分けて集計しました。
結果はこちら
(今見たら低ランクのほうが試合数多いってどういうことやねん…)
15-11

10-6

どのランクにおいてもシャーマン、ハンター、ウォーリアが多かったです。
シャーマンはほぼアグロ、ハンターはミッドレンジ、ウォーリアは6割くらいがコントロール、
次にドラゴンテンポといった感じでした。
ドルイドはマリゴス型が多く、メイジはテンポ、ウォロはZoo、パラディンはコントロール?
プリーストは復活でした。

次はハイブリッドハンターのヒーロー別勝率になります。

結果はこちら。
勝率

左からマッチ回数が多いヒーロー順となっています。
大体のヒーローに対して勝率50%を超えることが出来ました。
シャーマン、Zooに対しては相性があるので正直キツかったです。
勝てるパターンが大体「猟犬を放て」+「ダイヤウルフ・リーダー」による盤面ケアが出来た時だった記憶があります。
メイジはハイブリッドだとキツい印象。
というのも、ハイブリッドハンターてライフ1のミニオンが多いんですよね。
なので魔力の矢やヒロパで盤面を取られて~ってのが多かった気がしますね。

ハゲはおやつ。ヘルス1のミニオンが多いからグールとかで除去されてアド取られて負けそうな気がしますがなんか勝ちます。
ハンターミラーは引きゲー。
ドルイドに対してはバンバンミニオンを並べていきます。
なぎ払いで倒されないようにヘルス2のミニオンで圧を掛けていけってレジェの人が言ってました。
あとは必殺の一矢で大型を倒せるように小さなミニオンを残さないことですね。

だいたいこんな感じでした。
今シーズンもこのデータを見て復習しつつ頑張っていきたいのだけれど、カードに修正はいるからこのデータ意味ないしやる気もなくなってまった。
ていうか荒野の公式のナーフ理由に納得がいかない。

「荒野の呼び声」のナーフに対する意見(というか愚痴)
公式のナーフ理由
『確かに「荒野の呼び声」は終盤用の強力な選択肢となるように作られていますが、8マナとしては強力すぎます。
このカードを9マナにすることでその強さを弱め、あらゆるハンターデッキに確実に採用されてしまい、
他の戦略を選ぶ自由が制限されている現状を改善します。』

8マナとしては強力すぎます。←これはわかる。全カードプールをみたらOPにもほどがある。
しかしハンターの他のカードでOPなのはサバンナ・ハイメイン程度でレジェなどは他のクラスと比べて弱いですし、中立レジェによるシナジーが強いとはいえません。
ハンター+中立カードというプールでみたらOPすぎるこのカードも許されるのではないでしょうか。
また、このカードが弱体化によりハンターは弱くなります。
それにより現在非常に強いウォーリアの抑止力がなくなりハゲストーンの傾向がまた強くなってしまうのではないでしょうか?


他の戦略を選ぶ自由←弱体化したところで選択できるカードがない。
シルヴァナス、フフラン、ラグナロス入れるくらい?それも前から入ってるレシピあるけどね。
キングクラッシュとかいうクソは使うわけ無いです。

9マナでも十分戦える?そうかもしれない。
でも私が戦えない。ハンターを使うたびにこのカードが8マナだったことを思い出し、なんでTier2で環境に悪さをしたわけでもないハンターを弱体化したのか。
そればっか考えてしまいそうだ。
あとこれだけ公式の文が短すぎる。
お前絶対クレームきたからでナーフしたろ、日和鰤潰れて。

以上のことによりハースストーンのモチベがなくなりました。大人しくシャドウバースします。


【シャドウバース】
ロイヤル新カード微妙すぎてやる気が起きないんですがそれは…
まぁシャドバのほうは前からやる気なかったから別にいいんですけど、
他のリーダーが新しいカードで新デッキを確立してるなか、これだけ地味だなあと。
環境によってはコントロールロイヤルも可能性はあるのかな?古来からのロイヤル使いとして新しいデッキの開拓に挑みたいのだけれど、今はエロゲのほうが大事なので時間が割けない。



【ガロ系】
最近ガロ系の漫画に手を出し始めまして。
というのもふしぎ電車でつげ義春の「ねじ式」を知る→読む→「ヨシボーの犯罪」でちょっとびびる
で、こんな作品載せてる雑誌ってなんだよと、
私が知ってる昔の漫画なんて「巨人の星」くらいですからね。
それで調べたらガロが出てきて、そこでガロ系という存在を初めて知りました。

ガロ系は一言でいうとアングラな作品ですかね。
モノによってはエログロ猟奇やらで、下手なエロゲよりも成分強めかなという感じ。
まぁでも、「ねじ式」含め、ガロ系はよくわからないです。
純粋たるストーリーがあるわけでもないですし、
まぁ読めばわかりますけど非常に個性的な作品ばかりです。

ああ、あと「四丁目の夕日」も読みましたね。
うん、これはちょっとキツかった…
普段18禁でちょいちょいグロ系にも触れているので、いけるやろ~と思ったら自分が思っている以上にダメージを受けていた。
ストーリーは大雑把に言うと転落人生を歩む主人公の物語みたいなものです。
ストーリー自体は突然降ってくる不幸系で、特別優れているとは感じませんでしたが、個々の出来事や絵によるその描写がキツかったかな。
表情の描写が特に良かったかな。キチっぷりとかちょっと頭大丈夫か?みたいな表情を描くのがうまく、見ているこちらに印象付けてきました。
また、人間の陰湿なところも非常にうまく、それによりダメージを受けていく主人公が悲惨でね…
それに上手い表情を描写してくるものだからきつい。読んでいる最中は特別キツ…とは思わなかったのですが、読み直してみるとこれが非常に味を出していると実感しました。

鬱成分100%なので、鬱ゲーが好きな人にはオススメかもしれませんね。
私はこれを読んだ後に昼寝をしたら嫌な夢を見たので結構ダメージ食らったんだなと。でも不思議と何回も読み直してしまうんですよね。
この本には何かしらの魔力があるんだろうなと実感しましたね。



【君の名は。】
85fda0a0710fdf1e
見てきました。
新海誠氏の作品は、【秒速5センチメートル】しか見てません。
私は秒速は好きだけれど、氏のファンというわけではありません。
でもこれは気になってたんですよね~。というのも、題材が自分の中でピンポイント。
夢の中で入れ替わって~みたいな夢と現実の入り混じったローファンタジーな感じがドストライクでしたね。
見る前からこれ私の好きなやつだろうな~と思って実際に見たら思ったとおりでした。

なので、この作品に対する率直な感想は「面白かった」、
「映像美の優れた作品だ」とかいうよりも、「俺これ好き」という非常に主観でしかないものでした。

さて、先程述べた通り本作はローファンタジー系の作品に分類されます。
ストーリーの展開や設定において、「なぜそうなるのか」といった根拠などに拘る方にはなかなか楽しむことが出来ないと思います。
実際、一緒に見に行った友人が「俺はなぜそうなるのかの根拠とか理由が明確じゃないと楽しめないんだよな~」と言ってましたし。
感想漁ってもそのようなことを書いてる方もいました。


逆に細かいことを気にしない方、雰囲気重視やちょっと不思議系。
エロゲで言うとMinoriとかkeyかなぁ、
そういったタイプの作品が好きならいけるかもしれませんね。

あとあらすじを読むとTSモノかな?となりそうですが、そういった要素がメインとなることはあまりありません。
一応恋愛がメインなので。
でもTSに目覚める要素はばらまかれている感じなのかなぁ。
いや、私はTSとかに詳しいわけでもないし、特別これと言った哲学を持っているわけではないのだけれどね。
とりあえず女の体になった主人公は胸揉むし、逆に男の体になった女主人公は色々男の部分で照れたりしてるし。
基本は押さえてるって感じですかね(適当)
個人的に良かったのは、男に移り変わった女主人公が、男主人公のバイト先の女先輩と仲良くなってデートするところまでこぎつけていったとこですかね~。
映画見ながら「これもしこのまま発展してセックスしたら本質的にレズなのかな、それともノーマルなのかなぁ、ていうか女→男のTSエロゲってやったことなかったな、ていうかあるのか?」
とか考えながら見てましたね。もしこれがエロゲだったらそういうエロシーンもあったりしたのだろうかとか思ったりして。

あとまあ、入れ替わった日常のシーンはそんなに多くなかったかな。
これもノベルゲームとかだとボリュームがあるから日常シーンでTS味わえるのかな~とか思ったりして、TSモノがやりたくなりました。


入れ替わりに気付いてからはテンポよくストーリーが進んでいきました。むしろテンポでゴリ押したというほうが正確か。
思い返してみるとなかなか「おいおい~」みたいになるシーンが結構あるというか、ご都合的なところがちらちら見えてきます。
そこをきれいな映像と雰囲気、ストーリー展開で濁していた感じかな、これ悪く言ってます。
ドラマティックな展開に持っていくのにもちょっと無理矢理感がありますし、流れ重視の人だとちょっとここらへんで不満が出てくるのかな?
自分は雰囲気に飲まれていましたし、なによりヒロインが可愛くてそれしか頭になかったのであまり気になりませんでしたね。

てかそう、ヒロインが可愛いんですよ。黒髪ロングだしちょい方言あるしで良かった。
もう一人女性キャラで奥寺先輩ってのもいるのですが、こちらも良かった。
まぁ私が年上キャラ好きなだけなんですけどね。


まぁこんな感じですかね。
とりあえず久々にこれ俺好きだな~って作品に出会えたので、それだけで十分に良かったです。