145008600
「ふしぎ電車」

2003, 3, 28 / WIN / ノベルタイプADV / デジアニメ・コーポレイション

駅前の酒場で酔いつぶれて目を覚ました主人公。
そこはふしぎな路面電車が走る、ふしぎな町だった。


【ひとこと】
このゲームを一言で表すのなら、「ループを体験できるノベルゲーム」でしょうか。
本作は選択肢が多く、比較的能動的にプレイすることが出来ます。
それによりループを繰り返すため、ループを体験できるノベルゲームかな、と思いました。



【あらすじ】
駅前の酒場で酔いつぶれて目を覚ました主人公。

そこはふしぎな路面電車が走る、ふしぎな町だった。

不条理に満ち、常識では考えられない町。

路面電車に乗り込んだ主人公は、そこで様々な物語とあらゆるHな出来事を体験していく。



ふしぎな体験をしながら終着駅に着いた主人公。

しかし、そこに着いた時はもう夜が遅く、駅前の酒場で夜明けを待つ。

またもや酔いつぶれ、目が覚めるとそこは路面電車の走る不思議な町……

そして、それまでの記憶を無くした主人公は再びふしぎな路面電車に乗り、ふしぎな町を巡ることになる。



この無限にループする路面電車の旅は一体いつまで続くのか?

主人公は、いつになったら家に帰れるのだろうか?



【感想】
あらすじを見ればある程度わかりますが、本作はノベル系ADVで、ループものとなっております。
ストーリーも単純で、電車に乗って5つの街を渡っていきます。
下車してふらついたり、停車時間を電車の中で過ごしたりしつつ最終駅まで行きます。
そして…あとはあらすじのとおりですね。記憶を無くし、また最初の駅に戻ります。

それを延々と繰り返すゲームですねw
とある条件を満たせばエンディングまで行けるのですが、そこに行くまでずーっとループします。
クリアに関するヒントもあまり出てこないので、クリアするのはちょっと難しいのかなと思います。
公式HPに攻略ページがあるので、困ったらそちらを見たほうがいいのかなと。

ずーっとループする、といっても選択肢による分岐が非常に多く、ループしながらそれらを回収していくのが個人的には結構面白かったですね。
分岐によってはなかなかふっとんだ展開も見れますし、次に何が来るのか読めない点が良かったです。
また、アダルトゲームなのでエロシーンもあります。
このエロシーンが陵辱スカトロとなんでもありで、アダルトゲームらしいカオスらしさを演出していたように思えました。

実際、とある街のシナリオ分岐で神様と対面したときに『ヒロインのスカトロシーンが見たい』みたいな選択肢も出てきますからね。
少年誌とかだとギャルのパンティ程度ですが、こちらはアダルトゲーム。それらを超える欲望を叶えさせてくれます。
個人的に良かったなぁと思えたのは想い出の町のストーリーですね。
過去に戻って、昔好きだった人とセックスをするために頑張るのですが、なんかセンチな気分を味わえました。
なんだかこのゲームって、一見意味不明な感じですけど、心の奥底にある欲望を叶えさせるような世界を構成している気がするんですよね。
SMやら自分が好き勝手できることやら昔に戻ったりやら、なにかしらひっかかるところがあるような気がします。そういう欲望を口にはしないけどねw
あとはシナリオもちょっと良かったように思えますね。この意味不明なカオスな雰囲気を壊さないシナリオでした。

イメージ005



このようにアダルトゲームらしいカオスさを感じられるゲームですが、欠点もちらほら。

まずストーリーですね。
マクロ的に見るとループから脱出するだけ、ですのでストーリーに期待してプレイすると痛い目にあうのかなと。
また、街ごとにストーリーがありますが、さほど分量がなく、一言で言えば意味不明な展開ばっかりです。
エロシーンとか、脈絡なく唐突にやってきますからね。
あとオチが「そんなことより、もうすぐ電車が出る時間だぞ!」ばっかりですからねw
これを電波やカオスと前向きに捉えることができるのであれば本作を楽しむことができるでしょう。
私はそういうふうに捉えることが出来たので楽しめました。ていうか、それ以外の楽しみ方って結構難しいような。
理屈で考えるよりカオスのフィールを感じろってやつです。


また、全体的にボリュームも少なく。フルプライスにしては物足りないです。
CG枚数も80いかない程度で、多いとは言い難いでしょう。


あとはループもの特有の、同じシーンを何回も見ないといけないことですかね。
まぁ本作の場合はボリュームもないし、スキップも早いのであまり問題ないかな。



こんな感じですかね。
主観で言うと面白かったですしお気に入りの作品なのですが、ストーリーや値段のことを考えるとマイナスは大きいのかなと。
でも、本作みたいなゲームってあまりないような気がします。
唯一無二といったら大げさですが、プレイした数年後に、なんとなく懐かしいなぁ、ああいうゲームやりたいなぁと思い出せる作品だろうなと思います。
アダルトゲームらしい、カオスな雰囲気を味わいたい方にオススメなゲームですね。



総合評価:C (佳作)